c3.jpg

嚴格來說,植物並沒有幹細胞這個東西

正確的說是一種『植物組織培養技術』,這通常會抽取位於植物頂端的分生組織(Shoot Apical Meristem, SAM)或根尖分生組織(Root Apical Meristem, RAM)。前者通常生成植物的莖、葉、花等部分,後者則負責根部生長。科學家們會在植物上找出帶有這些生長點(Meristem)的部位來進行繁殖。

科學家們會取下這些部位的植物組織碎片來進行培養,因為這些組織會長出一團未分化的細胞團塊,就是大家知道的癒傷組織(Callus),之後這些癒傷組織還能夠再分散細胞個體,再藉由植物細胞培養技術,大量的產生這些癒傷組織,因此就可以一次就複製出大量的植物幼苗株,這樣就可以達到復育或大量生長的目的。

目前應用的植物幹細胞約有十幾種,之後應該會愈來愈多

簡單整理如下:

アルガン幹細胞

摩洛哥堅果

アルガン幹細胞.jpg

アルガニアスピノサカルス培養エキス

Argania Spinosa Callus

アルペンローゼ幹細胞
阿爾卑斯玫瑰

アルペンローゼ.jpg

ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス

Rhododendron Ferrugineum

コンフリー幹細胞
聚合草

コンフリー.jpg

コンフリーカルス培養エキス

Symphytum Officinale Callus

シーホリー幹細胞
濱刺芹

シーホリー.jpg

エリンギウムマリチムムカルス培養液

Eryngium maritimum

リンゴ幹細胞

蘋果

蘋果.jpg

リンゴ果実培養細胞エキス

Malus Domestica

ブドウ幹細胞
葡萄

葡萄.jpg

ブドウ果実細胞エキス

Vitis Vinifera

フサフジウツギ

大葉醉魚草

cell_buddleja.png

フサフジウツギ成長点細胞培養物 Buddleja davidii

エーデルワイス幹細胞
高山火絨草

エーデルワイス.jpg

エーデルワイスカルス培養エキス

Leontopodium Alpinum Callus

マリンフェンネル幹細胞
海茴香

マリンフェンネル.jpg

クリスマムマリチマムカルス培養液

Crithmum Maritimum Callus

グロブラリア幹細胞
心葉球花

グロブラリア.jpg

グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス

Globularia Cordifolia Callus

サポナリアプミラ

石竹珍珠花

cell_saponaria.png

サポナリアプミラカルス培養エキス Saponaria Pumila

ミロタムヌスフラベリフォリア

密羅木

Myrothamnus Flabellifolia.jpg

ミロタムヌスフラベリフォリアカルス培養エキス Myrothamnus Flabellifolia

ライラック幹細胞
歐丁香

ライラック.jpg

ライラック葉培養細胞エキス

Syringa Vulgaris

ゴジ(フィトセルテック)
枸杞

plant_source_web.jpg

クルカルス培養エキス Lycium Barbarum

 

相關專業知識可以參考這邊:

    文章標籤

    幹細胞 stem

    全站熱搜

    快樂小藥師 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()